ケルンは、今シーズンの開幕から好調を維持するFW大迫勇也(26)との契約延長を検討しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。

今シーズンでケルン在籍3年目を迎えた大迫。先のブンデスリーガ第4節のシャルケ戦で今シーズン初ゴールをマークするなど開幕から全試合に出場しており、ここまで3勝1分け無敗のチームをリードしている。

そんな中、『キッカー』は、ケルンのペーター・シュティーガー監督と、ゼネラルマネジャーを務めるヨルク・シュマットケ氏の大迫に対するコメントを報道。中でも、シュマットケ氏は以下のように大迫との契約延長の可能性を示唆した。

「我々は常々、彼が良いプレーヤーであることを主張してきた。誰もそれを無視できない存在になったことは明らかだね。何か報告しなくてはならないことがあるのであれば、そうするつもりだよ」