マンチェスター・シティは、セルビア代表DFアレクサンドル・コラロフ(30)との契約延長に向かっているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

2010年夏にラツィオから加入したコラロフは、シティとの契約を2018年まで残している。今シーズンのここまでは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で、左サイドバックとセンターバックで印象的なパフォーマンスを披露しており、指揮官からの信頼も厚い。

伝えられるところによれば、シティは今後数カ月以内に契約延長の交渉をスタートさせる意向を示しているとのこと。グアルディオラ監督は、新たな左サイドバックの獲得を要望ものの、コラロフの残留を希望しているという。