マンチェスター・ユナイテッドに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(22)にミラン移籍の可能性が浮上した。イタリア『CalcioMercato.com』が報じた。

デパイは、昨夏にPSVからユナイテッドに加入。しかし、オランダ代表時代の恩師であるルイス・ファン・ハール前監督の下でも本領を発揮できず、今シーズンもここまでジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼も薄い。

そこで、中国資本への売却が発表されたミランがデパイをリストアップ。ウィンガーの起用を好むヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がデパイを評価しているようだ。

伝えられるところによれば、ミランは来年1月に移籍金2800万ユーロ(約31億7000万円)の買い取りオプションが付随したレンタルでの引き入れを考慮しているという。