かつてチェルシーや、レアル・マドリー、ミランなどでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(33)が現役引退を決断したのかもしれない。オーストラリア『The Sydney Morning Herald』が伝えた。

昨シーズンまでプレーしていたパナシナイコスとの契約を解除したエッシェンは現在フリー。先日には友人に対して、オーストラリアリーグのクラブに移籍できなければ引退すると漏らしたと報道されていた。

そんな中、『The Sydney Morning Herald』はメルボルン・ビクトリーの広報が「クラブは、マイケルと彼の代理人と会談していたが、個人的な問題で、選手自身がメルボルンに移籍しないことを決めた」と述べたとし、交渉が決裂したと伝えている。