プレミアリーグ第6節のマンチェスター・ユナイテッドvsレスター・シティが24日にオールド・トラフォードで開催され、4-1でユナイテッドが勝利した。

前節を落として公式戦3連敗を喫したユナイテッドは、ミッドウィークのEFLカップでノーサンプトンを撃破。モウリーニョ監督は主将のルーニーを外し、イブラヒモビッチの後方に右からリンガード、マタ、ラッシュフォードと並べた。一方、レスターのラニエリ監督は、前節2ゴールを記録したスリマニをヴァーディの相棒に起用し、岡崎をベンチスタートとした。

試合は、序盤からポゼッションを高めて能動的に仕掛けるユナイテッドに対し、レスターがショートカウンターを狙う展開となる。ユナイテッドの右サイドの最終ライン裏を効率よく使っていったレスターがペースを握りかけていたものの、22分に先制したのはホームチームだった。ブリントの左CKに正面のスモーリングがヘッド。これが決まり、ユナイテッドがリードを手にした。

ゴールでプレッシャーが軽減されたユナイテッドは、攻守に迫力が出てくる。30分にはミドルレンジからポグバがゴール左上に鋭いシュートを飛ばす。しかし、これは負傷のGKシュマイケルの代わりに先発した古巣対戦のGKツィーラーがファインセーブではじき出す。

それでも、37分にはユナイテッドが完璧に崩して追加点を挙げる。ボックス左手前のマタがポグバにボールを渡してフリーラン。ポグバが縦に出したボールをリンガードがダイレクトでさばくと、最後は正面のマタがゴール左にシュートを突き刺した。

勢いに乗るユナイテッドは40分、ブリントの素早いショートコーナーからボックス左のマタが折り返すと、最後は正面のラッシュフォードが公式戦3試合連続となるゴール。完全に開放されたユナイテッドはさらに42分、またもブリントの左CKから今度はポグバがヘディングシュートで移籍後初ゴールを記録し、前半だけで4-0とした。

4点ビハインドを背負ったラニエリ監督は、ヴァーディ&マフレズの2大エースを下げて、アンディ・キングとグレイを投入。スリマニを1トップ、アマルテイをアンカーとする[4-1-4-1]に布陣を変更する。

すると、レスターは60分に1点を返す。ボックス左手前でボールを受けたグレイがカットインから右足を一閃。ドライブ気味の強烈なシュートをゴール右上に突き刺し、反撃の狼煙としたい1点を記録する。

一方のユナイテッドは66分、リンガードの仕掛けからイブラヒモビッチがグラウンダーのミドルシュートをゴール右隅に飛ばすも、GKツィーラーのファインセーブに遭って5点目とはならない。

その後、キャリック、ルーニー、アシュリー・ヤングを投入したユナイテッドは、省エネで時間を消費。失点を1点にとどめ、4-1で快勝した。