プレミアリーグ第6節のマンチェスター・ユナイテッドvsレスター・シティが24日にオールド・トラフォードで開催され、4-1でユナイテッドが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

マンチェスター・ユナイテッド採点
GK
1 デ・ヘア 5.5
失点は仕方なし。キックを含め安定のゴールキーピング

DF
25 バレンシア 5.5
守備で背後を使われるシーンが目立ったが、攻撃はまずまず

3 バイリー 6.5
持ち前のアジリティの高さで相手攻撃陣からボールを刈った

12 スモーリング 6.5
力強いヘディングシュートで先制弾を決める。守備も安定

17 ブリント 7.0
質の高いCKでスモーリング&ポグバ弾をアシスト。流れの中でも攻撃への貢献度が抜群だった

MF
21 エレーラ 6.0
守備に重きを置き、出足の鋭いチェックで相手の起点を潰す

8 マタ 6.5
決定力を示し、素晴らしい状況判断で3点目をお膳立て

(→A・ヤング -)

6 ポグバ 6.5
復帰後初ゴール。効率的に前へ出て、いくつか良いチャンスを演出した

FW
14 リンガード 5.5
古巣対戦。的確なダイレクトパスでマタ弾をアシストしたが、失点場面の守備が甘かった

(→キャリック -)

9 イブラヒモビッチ 6.0
相手のマークを引き付け、自身もシュートに持ち込む

19 ラッシュフォード 6.5
天性の得点感覚を示し、公式戦3試合連続ゴール

(→ルーニー -)

監督
モウリーニョ 6.0
ルーニー外しが奏功。王者相手に快勝した


レスター・シティ採点
GK
21 ツィーラー 5.0
古巣対戦。大きな責任はないが4失点

DF
17 シンプソン 5.0
同じく古巣対戦。守備に追われた

6 フート 5.0
先制点を許した場面ではスモーリングへの対応がルーズだった

5 モーガン 5.0
イブラヒモビッチの監視で手一杯に

28 フックス 5.0
4失点目はポグバに出し抜かれた

MF
26 マフレズ 5.0
良い形で仕掛けきることができなかった

(→アンディ・キング 5.5)
中盤を締め、攻撃にも関与した

4 ドリンクウォーター 5.5
こちらも古巣対戦。いくつかのミスもあったが、攻守に奮闘

13 アマルテイ 5.0
3失点目の場面など集中を欠くプレーがあった

11 オルブライトン 4.5
序盤のゴール前でのチャンスでしっかりとクロスを成功させておけば…

(→シュラップ 5.5)
一定の攻め手となったが決定的な仕事はできず

FW
19 スリマニ 5.0
スモーリングとバイリーのマークに苦しんだ

9 ヴァーディ 4.5
スピードを生かそうと走るも試合から消えていた

(→グレイ 6.5)
素晴らしいミドルシュートで一矢報いた

監督
ラニエリ 5.0
カンテ流出の穴を埋めきれておらず、前半に一気に崩れた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ブリント(マンチェスター・ユナイテッド)
ショーの負傷もあって今季初めて左サイドバックで出場し、3つのゴールを演出。持ち味のクロスに加えて、視野の広さを生かしてビルドアップの次元を高めた。

マンチェスター・ユナイテッド 4-1 レスター・シティ
【マンチェスター・ユナイテッド】
スモーリング(前22)
マタ(前37)
ラッシュフォード(前40)
ポグバ(前42)
【レスター・シティ】
グレイ(後14)