マンチェスター・ユナイテッドは24日、プレミアリーグ第6節でレスター・シティをホームに迎え、4-1と快勝した。試合後、フランス代表MFポール・ポグバが満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。

先日まで公式戦3連敗を喫するなど調子の上がらないユナイテッド。レスター戦では、DFクリス・スモーリングの先制弾を皮切りに前半だけで4ゴールを挙げ、リーグ戦3試合ぶりの白星を手にした。

試合後、『MUTV』のインタビューに応じたポグバは、「前半はほぼ完璧だった。それが試合に勝てた理由だね」と試合を回想。続けて、ユナイテッド復帰後初であり、同クラブのトップチームでの初ゴールとなった自身の得点シーンを振り返った。

「オールド・トラフォードで初めてのゴールだったから、最高の気分だったよ。僕にとって、非常に良い結果で重要なことだった。これが最後のゴールにならないと良いね」