24日に行われたプレミアリーグ第5節のチェルシー戦で快勝したアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、イングランド代表FWテオ・ウォルコットを賞賛した。

ホームにチェルシーを迎えたアーセナルは、前半のうちにサンチェス、ウォルコット、エジルがゴールを奪い、3-0で“ビッグロンドン・ダービー”を制した。

試合後の記者会見に出席したヴェンゲル監督は、チームの2点目を記録し、守備でも大きな貢献を見せたウォルコットを賞賛。今シーズンの試合に臨む姿勢を評価した。

「彼のパフォーマンスに疑いはないだろう。でも、私はテオ・ウォルコットがより変化したのは、今シーズンの態度だと思っている」

「彼は戦う準備ができているし、コミットしている。そして、彼は多くのファンを捕まえるだろう。テオ・ウォルコットは完全に別のプレーヤーになったね」