ハンブルガーSVは25日、新監督にマルクス・ギズドル氏(47)を招へいすることを発表した。26日から指揮を始めるとのことだ。契約期間は2017年6月30日まで。

今シーズンの開幕からブンデスリーガの5試合で1分け4敗と未勝利が続いていたハンブルガーSVは、成績不振によりブルーノ・ラッバディア監督(50)を解任。エディー・スーザー氏とベルンハルト・トラレス氏の両コーチも退団していた。

後任として指揮官に就任するギズドル監督は、下部リーグでの監督経験があり、2011年3月からシャルケでアシスタントコーチを務め、2013年4月よりホッフェンハイムで監督を務めていた。しかし、昨年10月に解任されて以降、フリーの状態が続いていた。