U-16日本代表は25日、AFC U-16選手権インド2016準々決勝でU-16UAE代表を1-0で退け、2大会ぶり8度目のU-17ワールドカップ(W杯)出場権を獲得した。

これを受け、日本サッカー協会(JFA)は26日、U-16日本代表の一員としてU-17W杯行きの切符獲得に貢献したDF瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18)のコメントを以下のように伝えた。

「自分が決勝点を決めて、チームが勝利し本当に嬉しいです。チームメートみんなで掴んだ勝利なので、みんなに心から感謝しています」

U-17W杯行きの切符を掴み取ったU-16日本代表は今後、29日に行われる準決勝で、U-16ウズベキスタン代表vsU-16イラク代表の勝者と対戦する。