U-16日本代表は25日、AFC U-16選手権インド2016準々決勝でU-16UAE代表を1-0で退け、2大会ぶり8度目のU-17ワールドカップ(W杯)出場権を獲得した。

これを受け、日本サッカー協会(JFA)は26日、U-16日本代表の一員としてU-17W杯行きの切符獲得に貢献したMF福岡慎平(京都サンガF.C.U-18)のコメントを以下のように伝えた。

「今日の勝利はチーム一丸となって掴んだものです。最後まで粘って粘って、1-0で守りきりました。1-0というスコアで試合を終えられたことは、今後に繋がるとても良い経験になりました。難しい試合に勝利し、ワールドカップ出場を決めたことでさらにチームとして成長していけると思います」

U-17W杯行きの切符を掴み取ったU-16日本代表は今後、29日に行われる準決勝で、U-16ウズベキスタン代表vsU-16イラク代表の勝者と対戦する。