浦和レッズに所属する日本代表DF槙野智章が、急性白血病で治療を続けているアルビレックス新潟のDF早川史哉に励ましの言葉を送った。

26日に自身のインスタグラ(@makino.5_official)を更新した槙野は、「アルビレックス新潟の早川選手へ 病気に負けるな!早くピッチに戻ってまたサッカーやるぞ!」とエール。さらに、浦和のチームメートとの動画をアップし、各々が早川にメッセージを寄せた。

2015年に特別指定選手として新潟入りした22歳の早川は、今シーズンに正式入団。開幕戦となった明治安田生命J1リーグ・1stステージ第1節の湘南ベルマーレ戦に先発フル出場でデビューを果たした。

しかし、開幕から3戦連続フル出場を果たすなど上々のルーキーイヤーを過ごしていた早川はその後、数試合にわたってベンチ入りこそするもプレーから遠ざかり、6月13日にクラブから急性白血病と診断されたことが発表されていた。