川崎フロンターレは26日、GK新井章太の負傷について発表した。

新井は、25日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第13節の横浜F・マリノス戦に先発出場。しかし、後半早々のCK時に接触。その後途中後退していた。

川崎Fの発表によると、新井は川崎市内の病院で検査を行い、左頬骨骨折、脳震とうと診断されたとのこと。新井は、フェイスガードなどの装具を使用し、コンディションの様子を見ながらトレーニングに参加していく予定とのことだ。

年間勝ち点1位の川崎Fは、韓国代表GKチョン・ソンリョンが負傷したため、横浜FM戦で新井が先発。途中からはJ1デビューとなったGK高木駿がゴールマウスを守っていた。