トッテナムのマウリッシオ・ポチェッティーノ監督が、負傷離脱中のイングランド代表FWハリー・ケインの現状について言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

18日に行われたプレミアリーグ第5節のサンダーランド戦で先発出場したケインは、14分に先制ゴールをマーク。しかし試合終盤に相手選手のスライディングを受けて足首を負傷。そのまま担架でピッチを後にしていた。

イギリス『ガーディアン』は6〜8週間程度の離脱が見込まれると報道。プレミアリーグ7試合のほかにチャンピオンズリーグ(CL)3試合の合計10試合を欠場することになると思われていた。

しかしポチェッティーノ監督は最新の検査結果を受けて、ケインの負傷が予想以上に軽いものだったとコメント。具体的な離脱期間については触れなかったものの、当初の予定よりも早く復帰できるとの見方を示した。

「30分ほど前に最新の検査結果を受けた。予想していた以上に早く戻ってくることができるようだ。非常にポジティブな結果だったよ。我々にとってはうれしいニュースだ。私はドクターではないので、何週間で戻ってくると断言することはできないが、当初の予定よりも早く戻ってくる」

『スカイ・スポーツ』によれば、ケインは11月5日に行われるプレミアリーグ第11節、アーセナルとのノースロンドン・ダービーで復帰する可能性が高いようだ。