レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、27日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)で対戦するドルトムントをリスペクトしている。クラブ公式サイトがクロースのコメントを伝えた。

マドリーは27日、CL・グループF第2節でドルトムントとアウェイで対戦する。前日会見に出席したクロースは、ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督を称賛し、チームとしても攻撃的で魅力あるプレーをしているとコメント。厳しい戦いになると予想し、好ゲームになることを期待している。

「ドルトムントは素晴らしプレーをして多くのゴールを奪えるチームだ。僕らは相手によってプランを変えるようなチームではない。自分たちのプレーをすることだけに集中している。失点は避けたいね。明日はきっとハードな試合になるよ」

「ドルトムントには明確なプランを持った優秀な指揮官がいる。おそらくホームということで積極的なプレーをしてくるだろう。前から行くのは彼らのスタイルだ。僕らはそれを止めなければいけない」

「ドルトムント戦は僕らにとってテストだ。このスタジアムや雰囲気などクオリティの高い中で行われる試合だ。自分たちのコンディションが上がっていることを示す機会になるね」