トッテナムのベルギー代表MFトビー・アルデルヴァイレルトが、チャンピオンズリーグ(CL)制覇に自信を示している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

2013-14シーズンにアトレティコ・マドリーでプレーしたアルデルヴァイレルトは、同シーズンにリーガエスパニョーラ優勝に加え、CLでは準優勝を達成した。2015-16シーズンからトッテナムでプレーする同選手は、アトレティコでの経験を元に今のトッテナムならばCL制覇も不可能ではないと感じているようだ。

「どんなチームであれ、本気で目指すならばCL優勝だって不可能ではないと知ったんだ。今のトッテナムは素晴らしいチームであり、タイトルを獲得したいという飢えを持っている。アトレティコはバルセロナやバイエルン、マドリーのようなCL優勝候補のチームに劣ってはいなかった。トッテナムはチームとしてのクオリティが高い。きっとCL優勝だって狙えるんだ」

トッテナムは14日に行われたCL・グループステージ第1節のモナコ戦で敗れた。アルデルヴァイレルトはホームで黒星スタートとなったため第2節のCSKAモスクワ戦はより重要な試合となるだろうと語った。

「残念ながらホームでの最初のゲームに敗れてしまった。そのせいで少しプレッシャーを感じているよ。でもチームが仲間を信じてプレーすれば大丈夫だ。誰もがピッチで全力を出し切れば不可能はない」