アルビレックス新潟は27日、吉田達磨監督(42)を解任したことを発表した。後任はコーチを務めていた片渕浩一郎氏(42)が昇格。また、北嶋秀朗コーチ(38)、安田好隆コーチ(32)が揃って退任し、新潟サッカースクールのコーチを務めていた内田潤氏(38)がトップチームコーチに就任した。

新指揮官に就任した片渕監督はクラブ公式サイト上で次のようにコメントしている。

「いま、チームが置かれている状況が厳しいのは十分理解しています。ただ、このクラブ、チームはJ1にいなければいけないと思いますし、その目的を達成するのが、自分たちの最大であり、最低の使命だと思います」

「アルビレックス新潟は、長く築いてきたもの、そして、今シーズンもここまで築いてきたものがあります。それをリスペクトしながら、何かを変えなければならないと思いますので、自分の色を少しだけ加えていきたいと思います。自分ひとりでできることには限りがあります。サポーターの皆さん、このクラブを支えてくださっているスポンサーの皆さん、関係者の皆さん、チームスタッフ、フロントスタッフ、すべてを表現してくれている選手たちとつながりながら、ひとつになりながら、いいシーズン終了を迎えたいと思います。そのために全力を尽くしてやっていきます。皆様には引き続き、温かい応援をよろしくお願いします」

また、内田コーチは「監督を引き受けられた片渕さん、クラブを助けたいという思いがあり、時間がない中ですが決断をしました。すべてをクラブのために尽くしたいと思いますし、客観的に外から見て感じたことを伝えられればと思います」と意気込みを語った。

今シーズン、年間成績で7勝6分け17敗の新潟は勝ち点27で15位に位置。しかし、直近のリーグ戦では4連敗を喫し、16位の名古屋とは勝ち点1差となっている。