チェコサッカー協会(MFS)は27日、10月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨む代表メンバー21名を発表した。

主力では左足首の外側側副靭帯を痛めているMFウラジミール・ダリダ(ヘルタ・ベルリン)が招集外となったが、DFセオドル・ゲブレ・セラシェ(ブレーメン)やGKヤロスラフ・ドロブニ(ブレーメン)といった主力を、カレル・ヤロリム監督は順当に選出している。

北アイルランド代表とのロシア・W杯欧州予選初戦を0-0で引き分けたグループCのチェコは、10月8日にドイツ代表とのアウェイ戦を、11日にアゼルバイジャン代表とのホーム戦を戦う。今回発表されたチェコ代表メンバーは以下の通り。

◆チェコ代表メンバー21名
GK
ヤロスラフ・ドロブニ(ブレーメン/ドイツ)
トマシュ・バシリク(バーゼル/スイス)
トマシュ・コウベク(スパルタ・プラハ)

DF
セオドル・ゲブレ・セラシェ(ブレーメン/ドイツ)
トマシュ・シボク(ブルサシュポル/トルコ)
フィリップ・ノバク(ミッティラン/デンマーク)
マレク・スヒー(バーゼル/スイス)
パベル・カデラベク(ホッフェンハイム/ドイツ)

MF
ヤン・シコラ(スロバン・リベレツ)
マルティン・フライデク(スパルタ・プラハ)
ボレク・ドカル(スパルタ・プラハ)
トマシュ・ホラバ(ビクトリア・プルゼニ)
ミラン・ペトルゼラ(ビクトリア・プルゼニ)
ダビド・パベルカ(カスムパジャ/トルコ)
ラディスラフ・クレイチ(ボローニャ/イタリア)
イリ・スカラク(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)

FW
マチェイ・ヴィドラ(ダービー/イングランド)
パトリック・シック(サンプドリア/イタリア)
バーツラフ・カドレツ(スパルタ・プラハ)