★ふくらはぎ負傷のビリアは45日の離脱
ラツィオのアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアが、負傷のため45日離脱すると自ら語った。

ビリアは25日のセリエA第6節エンポリ戦で、リーグ戦3試合ぶりに復帰していたものの、9分にピッチを後にしていた。2〜3カ月の離脱も報じられたが、検査の結果、ふくらはぎに重度2の負傷を負っていたことがわかり、本人が45日で戻るとファンに向かって語ったとのことだ。

10月に行われるセリエAの5試合を欠場することが確実となったビリアだが、11月6日に行われるナポリ戦での復帰が見込めるかもしれない。