マンチェスター・ユナイテッドに所属する負傷離脱中のアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャンに戦列復帰の可能性が浮上した。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。

今夏にドルトムントからユナイテッド入りしたムヒタリャン。先の代表ウィーク中に招集されていたアルメニア代表で太ももを痛めた影響で、直近の公式戦4試合を欠場しており、実戦から遠ざかっている。

報道によれば、そのムヒタリャンは24日に行われたプレミアリーグ第6節のレスター・シティに向けたトレーニングから合流。29日のヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節のゾリャ戦でメンバー入りする可能性があるという。