AFCチャンピオンズリーグ準決勝1stレグのアル・アイン(UAE)vsアル・ジャイシュ(カタール)が行われ、3-1でアル・アインが勝利した。

ロコモティフ・タシケント(ウズベキスタン)との準々決勝で勝ち上がったアル・アインは、元サンフレッチェ広島のFWドウグラスや元鹿島アントラーズのMFカイオ、UAE代表MFオマール・アブドゥルラフマンらが先発した。

試合は16分、ボックス左でパスを受けたオマール・アブドゥルラフマンがドリブルでボックス内に侵入。そのままクロスを上げると、ドウグラスがヘッドで合わせ、アル・アインが先制する。

さらに21分には、ボックス手前でFKを得ると、オマール・アブドゥルラフマンが直接蹴り込み追加点を奪う。

2点をリードされたアル・ジャイシュは、52分にPKを獲得。これを、サルドル・ラシドフが落ち着いて決め1点差とする。その後は、同点を目指すアル・ジャイシュがチャンスを作るもなかなかスコアが動かず。アル・アインが1点リードしたまま迎えた後半アディショナルタイム1分、右サイドからのクロスにGKが飛び出すと味方と接触しキャッチミス。これを拾ったカイオが無人のゴールに押し込み、3-1でアル・アインが勝利した。

アル・アイン 3-1 アル・ジャイシュ
【アル・アイン】
ドウグラス(前16)
オマール・アブドゥルラフマン(前21)
カイオ(後45+1)
【アル・ジャイシュ】
サルドル・ラシドフ(後7)