日本サッカー協会(JFA)は28日、10月にバーレーンで行われるAFC U-19選手権に臨む同国代表メンバー23名を発表した。

JFAハウスでの会見に出席した同代表を率いる内山篤監督は、準決勝に進出できれば5大会ぶりの出場となる来年に韓国で行われるFIFA U-20ワールドカップ(W杯)出場権獲得へ意気込んだ。

◆内山篤監督(U-19日本代表)
「一次予選とは少しメンバーが変わったと思う。このチームができてから言い続けていることだが、我々がチャレンジャー。招集した選手たちに関しては、そういう野心をもって、自分たちの力で世界の舞台を奪うんだという気持ちをもって戦ってきてくれた。攻守のバランスなど、色んな状況下があることも加味して、今回の23名を選ばせてもらった」

――4大会連続で育成年代における最高の舞台に臨めていない状況だが、出場権獲得に向けた意気込みを聞かせてほしい
「我々は4大会連続で出られていないのが現実。ただ、この世代は東京オリンピックで中心になるであろう選手だけに、何とか権利を勝ち取って出場したい」

「私自身も過去にコーチとしても、選手としても悔しい思いをしている。選手たちには何とか勝ち取ってほしいし、それができれば先に見えるものが変わってくると思う」

「そこへの野心をみせてもらいたい。おごりとかではなく、謙虚さをもって戦っていきたい。私自身もコーチとして経験させてもらった前回大会の反省を生かしていきたい」

「厳しい戦いになると思う。周囲も協力していただき、5月から海外遠征で厳しい相手と試合をさせてもらった。環境を提供していただいただけに、何とか成果を出したい」

――どのような点を反省材料として生かそうと考えているのか
「一次予選のときは高校3年生がメインだった。当時はJリーグでポジションを勝ち取ってくれている選手も南野拓実のみという状況で、なかなか選手のゲーム感覚がなくて苦労した」

「今も同じような状況が続いている状況だが、各チームにお願いをして、5月から厳しい相手、簡単に勝てない相手と試合をしたり、6月にフランス、この2日前に日本体育大学と試合もさせてもらった」

「ゲームコンディションを何とか保てる状況をつくっていただいている今の状況は、我々にとって大きい。久しく90分間プレーしていないという選手たちの不安を取り除いていかなくてはならない」

――このチームのストロングポイント、ウィークポイントは何か
「まず中東の3チームとオープンな戦いになれば、我々は厳しくなる。その中で、コンパクトかつ、攻守にわたってアグレッシブに戦うということに関しては、ずっと詰めてきたこと。それを90分間続けていければ、我々に優位な状況になることを確信している」

「しかし、そうでなくなったときという状況は当然ある。そういう場面では、フランスやブラジルといった難しい相手と戦った経験を生かしていきたい。我慢するところは我慢して、ゲームの流れを少しでも選手間で共有していくことが大切だと思う」

「もちろん、思うようにいっていれば、4大会連続も失敗していない。そういう現実を常に見つめながら、悪いところ、弱点を極力見せないように、逆に相手のミスを突いたり、誘っていくこと。これまでの経験が最終予選で自信になればと思っている」