アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが負傷した。クラブ公式サイトが伝えている。

ゴディンは28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のバイエルン戦にフル出場を果たした。しかしクラブ公式サイトの発表によると、試合終盤に左足に痛みが出たようだ。

クラブドクターの診断によれば、ゴディンは左足首のじん帯をねん挫したようで、今後はより詳しい検査を行うとしている。なお、全治などの詳細は明らかになっていない。

アトレティコは、25日に行われたリーガエスパニョーラ第6節のデポルティボ戦でアルゼンチン代表MFアウグスト・フェルナンデス、ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスが負傷。苦しい台所事情となっている。