バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが、ボルシアMG戦で奪った決勝ゴールの場面を振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。

バルセロナは28日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でボルシアMGとアウェイで対戦した。34分に先制を許して試合を折り返すも、65分にトルコ代表MFアルダ・トゥランが同点ゴールを奪取する。

迎えた74分にはセットプレーからウルグアイ代表FWルイス・スアレスが放ったシュートのこぼれ球をピケが押し込んで勝ち越しに成功。バルセロナはそのまま2-1と逆転勝利を収めた。

試合を振り返ったピケは、勝ち越しゴールの場面について次のように語っている。

「あれはセットプレーのサインプレーだった。本当は僕が相手をブロックしてスアレスにシュートを打たせる動きだったんだ。でもGKがボールをこぼすのが見えたので、素早く反応して押し込んだんだ」

またピケは試合について次のように語っている。

「相手のカウンターは非常に早くて驚異的だったね。難しいゲームになるとは予想していたよ。僕らはチャンスで決めきれない前半だった。逆に彼らは1つのチャンスできっちりとゴールを奪ったね。後半はより多くのチャンスがあって、うまくプレーできたと思う」