マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のセルティック戦を振り返っている。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えた。

就任後から公式戦10連勝を記録しているシティだったが、アウェイでのセルティック戦では常に先行される状況から3-3のドローに終わった。

試合を振り返ったグアルディオラ監督は、公式戦の連勝記録が途絶えるも気にしていない様子。敵地でのドローは落胆する結果ではないと強調した。

「これがフットボールだ。セルティックはホームで過去24試合のうち3試合しか負けていない。難しい試合になることは予想していた。だからこそ、先に失点してからの選手たちが見せた反応に満足している」

「2つ目の失点(オウンゴール)はついていなかった。試合終盤にはブラーボが仕事をする場面はなくなっていたね。それほどこちらがチャンスを作れていた。結果として勝ち点1を奪えた。負けなかったということだ」