イングランドサッカー協会(FA)は28日、U-20イングランド代表のアイディ・ブースロイド監督(45)をU-21イングランド代表の暫定監督に任命した。10月に行われるU-21ユーロ予選で指揮を執る。

U-21イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、不正行為により、イングランド代表監督を辞任したサム・アラダイス前監督の後任に暫定的に就任。その影響を受け、今回の措置をとることとなった。

ブースロイド監督は、現役時代はハダースフィールドやブリストル、ピーターボロなどでプレー。引退後はリーズでアシスタントコーチを務めると、ワトフォードやコルチェスター、コベントリー、ノーサンプトンなどで監督を歴任。2014年2月にU-20イングランド代表監督に就任すると、2015年7月にはU-19イングランド代表監督に就任。現在はU-20イングランド代表監督を務めている。

U-21イングランド代表はU-21ユーロ予選でグループ9に属し、10月11日にU-21ボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦する。