日本サッカー協会(JFA)は29日、10月6日、11日に行われるロシア・ワールドカップ (W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバー26名を発表した。

今回のメンバーには、FW本田圭佑(ミラン)、MF香川真司(ドルトムント)、DF長友佑都(インテル)の他、9月のW杯予選に続きMF大島僚太(川崎フロンターレ)、DF植田直通(鹿島アントラーズ)、FW浅野拓磨(シュツットガルト)のリオ五輪世代が招集された。

また、最近招集が続いていたGK林彰洋(サガン鳥栖)が外れ、GK川島永嗣(メス)が復帰。日本代表候補に選出されたことがあるMF永木亮太(鹿島アントラーズ)が初招集されている。

記者会見に出席したヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「昨年のイラク戦と同じように臨まなくてはいけない」とコメント。オーストラリア戦については「今シーズンで最も難しい試合になる」との見解を示した。

日本は最終予選でオーストラリア、イラク、UAE、サウジアラビア、タイと同じグループBに所属。2戦を終え1勝1敗で3位につける日本は、10月6日に埼玉スタジアム2002でイラク代表(5位/勝ち点0)と、同11日にアウェイでオーストラリア代表(1位/勝ち点6)と対戦する。今回発表された日本代表メンバーは以下のとおり。

◆日本代表メンバー26名
GK
西川周作(浦和レッズ)
東口順昭(ガンバ大阪)
川島永嗣(メス/フランス)

DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
太田宏介(フィテッセ/オランダ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
槙野智章(浦和レッズ)
森重真人(FC東京)
丸山祐市(FC東京)
植田直通(鹿島アントラーズ)

MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
柏木陽介(浦和レッズ)
永木亮太(鹿島アントラーズ)※
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(セビージャ/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)

FW
本田圭佑(ミラン/イタリア)
小林悠(川崎フロンターレ)
宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

※初招集