カターレ富山は29日、GK永井堅梧の負傷を発表した。

永井は、25日に行われた明治安田生命J3リーグ第23節の大分トリニータ戦で負傷。検査の結果、右肩関節脱臼と診断され、全治約8週間とのことだ。

今シーズンの永井は、明治安田生命J3リーグでここまで全23試合に出場。首位の栃木SCとは勝ち点差7、2位の大分トリニータとは勝ち点差3の4位と、J2復帰を目指すチームの躍進に貢献していた。