日本サッカー協会(JFA)は29日、10月6日、11日に行われるロシア・ワールドカップ アジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表した。

会見に出席した田嶋幸三会長は「今回の3戦目、4戦目は非常に重要な戦いになる」として、イラク戦とオーストラリア戦は結果が大事なるとの見方を示した。

◆田嶋幸三JFA会長
「みなさんこんにちは。この記者会見は私にとって2回目となります。前回、本当に危機感持って、日本サッカー全体で取り組む必要があると申し上げました。今はアジアの国々が台頭し、今までも簡単な戦いではありませんでしたが、前回は残念ながらUAEに敗れ、タイには勝ちました」

「今回の3戦目、4戦目は非常に重要な戦いになると思っています。多くの国民の方々の期待、サッカーファンの期待を含めて応えられるように頑張りたいと思います。選手一人一人だけでなく、サッカー協会全体が情熱を持って、次の2試合に臨みたいと思います。みなさんよろしくお願いいたします」