日本サッカー協会(JFA)は29日、10月6日、11日に行われるロシア・ワールドカップ (W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表した。

9月の最終予選に続き、日本代表に招集された鹿島アントラーズDF植田直通がコメント。イラク代表、オーストラリア代表との2試合に向けて意気込みを語った。

◆DF植田直通(鹿島アントラーズ)
「前回は追加招集という形でしたが、引き続き日本代表に選ばれたことを大変嬉しく思います。最終予選では、すでに1敗を喫しており、W杯本大会への道のりは決して平坦なものではないことは十分理解しています。今回対戦する2チームも強敵ですが、チームとしても個人としても目標としている本大会出場に向けて、全力を注ぎたいと思います」