U-16日本代表は29日、AFC U-16選手権インド2016準決勝のU-16イラク代表戦を行い、2-4で敗れた。

グループBを首位(3戦3勝)で突破した日本は、25日に行われた準々決勝のUAE代表戦を1-0で制し、来年9月に行われるU-17ワールドカップの出場権を獲得。U-16日本代表の森山監督は、別メニューで調整していたFW久保建英(FC東京U-18)をベンチスタートとし、UAE代表戦のメンバーから3選手を変更した。

中2日の相手に対して中3日と優位な状況だった日本だが、序盤はイラクにポゼッションを許す展開となる。すると、19分に先制を許してしまう。ボックス右に進入してきたモハメド・ダウードにシュートを放たれると、DFにディフレクトしたボールがネットに吸い込まれ、今大会初失点を喫する。

ビハインドを背負った日本だが、直後からボール支配率を高めて反撃。丁寧にショートパスをつないで攻め込む日本は、30分に追いつく。MF平川怜(FC東京U-18)が出した浮き球スルーパスに反応したFW山田寛人(C大阪U-18)が好トラップからボックス右に進入。ゴール左に鋭いシュートを突き刺し、1-1とした。

これで勢いに乗った日本は続く41分に追加点を記録する。左サイドで仕掛けた山田寛人のクロス性のグラウンダーボールがそのままファーサイドのゴールに流れ込み、日本が逆転に成功した。

迎えた後半も能動的に仕掛ける日本は55分、ボックス左に進入したFW宮代大聖がバー直撃のシュート。3点目が欲しい日本は、59分にFW久保建英を投入する。62分には再び宮代大聖がゴール前に抜けるも、今度のシュートは左ポストに阻まれる。

すると、日本は67分に同点弾を浴びる。右サイドから崩されてクロスを入れられると、最後はゴール前にアブドゥルサダにゴールを許した。

さらに、相手を勢いづかせてしまった日本は、ボックス内でファウルを犯したDF瀬古歩夢が2枚目のイエローカードで退場。このPKをダウードに決められ、逆転されてしまう。

その後、U-16日本代表はリスクを冒して攻めるも、逆にアディショナルタイムにはPKを取られてダウードにハットトリックを許してしまい、試合終了。惜しくも準決勝で敗退した。


U-16日本 2-4 U-16イラク

得点者
【U-16日本】
30分 山田寛人(C大阪U-18)
41分 山田寛人(C大阪U-18)

【U-16イラク】
19分 ダウード
67分 アブドゥルサダ
81分 ダウード[PK]
90+4分 ダウード[PK]

【スタメン】
GK谷晃生
DF:喜田陽、菅原由勢、瀬古歩夢、菊地健太
MF:平川怜、福岡慎平、鈴木冬一、谷本駿介
FW:宮代大聖、山田寛人

【サブ】
GK:青木心、大内一生
DF:桂陸人、監物拓歩、作田龍太郎
MF:上月壮一郎、松本凪生
FW:久保建英、中村敬斗、棚橋尭士