永木亮太、おめでとう! ちゅうか、この追い込まれてるイラク戦を前にしてもハリルホジッチ監督は、新戦力を入れてるって。まぁそれはそれでいいんだけど、いきなり先発は止めてね。今回、大島僚太が選ばれてるから、同じ失敗はしないってことは、わかってくれてると思うんだけど。

で、鹿島の永木に話を戻すと、実はどうしてもまだ湘南の選手って感じがしちゃうんですよ。永木だけじゃなくて、浦和の遠藤もやっぱりまだ緑と青の勇者ってイメージが。湘南は経済的な基盤が弱いから、次々と選手が出て行かざるを得なくて、それでも去年はがんばってたんだけど、今年はかなり厳しいところまで追い込まれちゃってるんです。

残留ラインの15位新潟とは勝点7差。残り4試合でひっくり返さなきゃいけない。で、もし、今回新潟が勝って、湘南が負けたら降格決定なんです。だから今週は大変な戦いでしょう。

実は湘南が初めて降格する試合も見てたんですよ。涙の日本平でした。あの時も経済基盤が揺らいで踏ん張ろうとしたんだけど、ダメだった、みたいな。だって、これまで湘南が生んできたスター選手を見たら、中田英寿、名良橋晃、呂比須ワグナー、小島伸幸など蒼々たるメンバーがいるわけですよ。そんなチームがこんな厳しい状況に追い込まれてるなんて、それだけでかなりショックなんですけど……。

正直言って、かなり切ないなぁなんて思って湘南の戦いを見てるんです。今のところ、誰が悪いとも思えない。何とか最後まで粘ってほしい。ちゅうことで、今週の柏戦、ホームだからぜひがんばってほしいのです。

磐田vs新潟が15時キックオフ。19時の試合開始までには結果がわかっています。もしかすると、14時からの名古屋vs福岡の結果次第では名古屋が15位に上がって、名古屋を追わなければいけなくなるのかもしれませんが、湘南はとにかく勝つのみ!! 怖れることなく前に飛び出していく、湘南らしい姿を見せてほしいものです。ええ、頑張れるはずですよ。ハリルホジッチ監督ぐらい追い込まれてるけどね。

【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。