囮取材によりイングランド代表監督の座を退くこととなったサム・アラダイス前監督だが、2人目の違反者が出た。チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンズリーは29日、アシスタントコーチを務めるトミー・ライト氏との契約解除を発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

イギリス『デイリー・テレグラフ』の囮取材によって、アラダイス前監督の「第三者による選手の移籍の口利き」が明るみに出たが、同じ不正行為を行っていた疑惑がかかっていたライト氏はクラブのリントン・ブラウンCEOと会談。契約解除に至った。

バーンズリーは公式サイトを通じて声明を発表。「クラブはこれらの事象、または不正行為に関与していたことを認識していませんでした。クラブは全て自分たちの手で問題を調査していきます。そして、必要に応じ、規制当局と協力していきます」とし、詳細を調査することを明かしている。

今回の囮取材では数名の関与が明かされており、サウサンプトンのアシスタントコーチであるエリック・ブラック氏も名前が挙げられている。サウサンプトンは、事実を確認中であるとし、処分には至っていない。