レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが所有するプライベートジェットが不時着事故を起こしていたようだ。スペイン『アス』が報じた。

同メディアによると月曜日にバルセロナのエル・プラット空港で事故が起こったようだ。C・ロナウドが所有するガルフストリーム社製の200Gは、下降する際に専門知識を要するもので、技術的なトラブルがあったようだ。

この事故により機体は損傷するも、乗客や乗務員にケガはなかったという。

なお、C・ロナウドは、自身がプライベートジェットを使用しない際には個人企業などに貸し出しをしているようで、今回の事故にC・ロナウドを含めて同選手の家族も搭乗していなかったようだ。