10月1日(土)、明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第14節が日本各地で開催される。今節では、1stステージ王者である鹿島アントラーズの年間勝ち点3位以内確定の可能性がある。

年間勝ち点59で3位につける鹿島は、県立カシマサッカースタジアムに年間勝ち点7位の大宮アルディージャを迎える。鹿島が今節で年間勝ち点3位以内を確定するためには、大宮戦の勝利が必須となる。

今シーズンの鹿島と大宮の対戦は、明治安田生命J1リーグ・1stステージ第9節、ヤマザキナビスコカップ グループA第7節と2度対戦。どちらも大宮の本拠地であるNACK5スタジアム大宮で行われ、J1は0-0のゴールレスドロー、ナビスコカップは大宮が1-0で勝利している。

しかし、鹿島はホームで行う大宮戦で負け知らず。J1で過去10試合を戦い、7勝3分けと得意としている。

鹿島が勝利した場合は、年間勝ち点51で4位につけるガンバ大阪、年間勝ち点50で5位につける柏レイソルの結果が影響する。両チームが揃って引き分け以下の結果に終われば、鹿島の年間3位以内が確定する。なお、G大阪は、年間勝ち点64で2位、2ndステージ首位の浦和レッズとアウェイで、柏は年間勝ち点20で17位と降格圏に位置する湘南ベルマーレとアウェイで対戦する。

鹿島アントラーズの年間勝ち点3位以内確定条件
勝利→G大阪、柏が揃って引き分け以下に終わった場合
引き分け、敗戦→次節以降に持ち越し


◆明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第14節
《14:00》
鹿島アントラーズ vs 大宮アルディージャ
《14:05》
浦和レッズ vs ガンバ大阪
《19:00》
湘南ベルマーレ vs 柏レイソル

◆J1年間順位表(2ndステージ第13節終了時)
[順位/チーム名/勝ち点(得失点差)]

3位 鹿島アントラーズ 59(+24)
──────チャンピオンシップ出場ライン
4位 ガンバ大阪 51(+12)
5位 柏レイソル 50(+6)