元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏が、自身の古巣マンチェスター・ユナイテッドでプレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチのさらなる活躍に期待を寄せた。イギリス『エクスプレス』が伝えた。

昨シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)との契約が満了を迎えたイブラヒモビッチは今夏、インテル時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が就任したユナイテッド行きを選択した。

そのイブラヒモビッチは、10月3日に35歳の誕生日を迎える。しかし、今シーズンはここまで公式戦10試合出場で6ゴールを記録。カリスマ性はもちろん、依然として高い決定力を誇っている。

スコールズ氏は、自身が解説者を務めるイギリス『BT スポーツ』で、そのイブラヒモビッチについて言及。アヤックス、ユベントス、インテル、バルセロナ、ミラン、PSGを渡り歩いてきた実力は衰えていないと太鼓判を押した。

「彼は偉大なセンターフォワードだよ。それがこのクラブにいる理由だ」

「確かに、彼はキャリアの終盤にいるかもしれない。しかし、彼は25歳の肉体があることを示している。私はそう思う」

「彼の身体はすごく絞れているように見える。今シーズンの彼があと20ゴールを決めてくれることを願うよ」