イタリアサッカー連盟(FIGC)は1日、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループG、スペイン代表戦(6日開催)、マケドニア代表戦(9日開催)に向けたイタリア代表招集メンバー26名を発表した。

初陣となった先月のイスラエル代表戦を3-1の勝利で飾ったジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督は、スペインとの大一番に向けた今回の招集メンバーで守護神ジャンルイジ・ブッフォンや“BBC”と評されるユベントスのベテラン守備陣らを順当に選出した。

また、前回招集外となっていたDFマッテオ・ダルミアン(マンチェスター・ユナイテッド)、DFドメニコ・クリシート(ゼニト)、FWニコラ・サンソーネ(ビジャレアル)などの国外組を招集。その一方で、ニースで好調を継続するFWマリオ・バロテッリは招集外となっている。今回の招集メンバーは以下の通り。

◆イタリア代表メンバー26名
GK
ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
マッティア・ペリン(ジェノア)

DF
ダビデ・アストーリ(フィオレンティーナ)
アンドレア・バルザーリ(ユベントス)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)
マッティア・デ・シリオ(ミラン)
アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
アンジェロ・オグボンナ(ウェストハム/イングランド)
マッテオ・ダルミアン(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ドメニコ・クリシート(ゼニト/ロシア)

MF
フェデリコ・ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)
ジャコモ・ボナヴェントゥーラ(ミラン)
リッカルド・モントリーボ(ミラン)
ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
アントニオ・カンドレーバ(インテル)
マルコ・パローロ(ラツィオ)
マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/フランス)

FW
アンドレア・ベロッティ(トリノ)
エデル(インテル)
マノロ・ガッビアディーニ(ナポリ)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)
ニコラ・サンソーネ(ビジャレアル/スペイン)
グラツィアーノ・ペッレ(山東魯能/中国)