バレンシアは1日、新指揮官としてイタリア人のチェーザレ・プランデッリ氏(59)を招聘したことをクラブの公式サイトで正式発表した。契約期間は2018年6月30日までの2年間となる。

パコ・アジェスタラン前監督下で今シーズンをスタートさせたバレンシアだったが、リーガエスパニョーラで1999-2000シーズン以来となる開幕3連敗、クラブ史上3度目となる4連敗と低迷。その責任を問う形で、クラブは9月20日にアジェスタラン前監督の解任を決断した。

プランデッリ氏は、これまでパルマやローマ、フィオレンティーナ、イタリア代表、ガラタサライなど数クラブの監督を歴任。事前の報道から、バレンシアの後任監督としてプランデッリ氏の就任が有力視されていた。なお、プランデッリ新体制の始動は2日に行われるリーガエスパニョーラ第7節のアトレティコ・マドリー戦以降となる。