日本代表は3日、6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に向けたトレーニングを埼玉スタジアム2002のサブグラウンドで行った。

練習後、ミックスゾーンで記者陣のインタビューに応じたMF長谷部誠(フランクフルト)がなかなかクラブで出場機会を得られていない海外組について問われると、「あまり多くを語らず、ピッチの上で自分たちの価値を示していく」ことの重要性を説いた。

◆MF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
──監督から何か話はあったか
「絶対に勝たなければならないし、2試合目ももちろんのこと勝ちに行くっていうふうに言われた。あとは初戦敗れているので、そこをしっかり取り戻すためにやっていこうということをおっしゃっていた」

──試合の間隔についてどうか
「個人的には長い間やっていることもあり、年齢も重ねてきていて、自分の身体とうまく向き合ってやってこれている。明日にならないと全員が集まらないし、試合まで4日ある。前回も経験しているので、戦う上で勝負の中でそれを言い訳にせず、限られた時間の中でチームとしても、個人としてもしっかりと調整していきたい」

──多くの海外組が試合に出られていない状況だが
「もちろん、試合に出ていることにこしたことはない。こういうときこそ、あまり多くを語らず、とにかくピッチの上で自分たちの価値を示していかなければならない」

「シンプルに答えはピッチの上にあると思うし、監督からもそういう部分を信頼されて選んでもらっている。それにピッチの上で応えていくことは、選ばれた選手の使命だと思っている。みんなで結果を出していきたい」