ウディネーゼは3日、新指揮官としてイタリア人のルイジ・デル・ネーリ氏(66)を招へいしたことをクラブの公式サイトで正式発表した。契約期間は1年間となる。

ジュゼッペ・イアキーニ前監督下で今シーズンをスタートさせたウディネーゼだったが、開幕戦のローマ戦で0-4の大敗スタートとなったチームは、開幕7節終了時点で2勝4敗1分けと苦戦が続いていた。そして、クラブは1日のラツィオ戦での0-3の大敗を受け、翌日に同監督の解任を決断した。

デル・ネーリ氏は2001-02シーズン、セリエA初昇格を果たしたキエーボを5位に導き、“ミラクル・キエーボ”と称賛されるチームを形成。その後はローマやユベントスといったビッグクラブ、パレルモやアタランタ、サンプドリアにジェノアの監督を歴任。

2015年12月には昨シーズン最下位に沈んでいたヴェローナの監督に就任したが、チームは最下位を抜け出せずにセリエBへ降格。その後、デル・ネーリ氏はシーズン終了後に双方合意の下でヴェローナとの契約を解除していた。