今シーズンからセビージャでプレーする元フランス代表MFサミル・ナスリ(29)にメジャーリーグ・サッカー(MLS)移籍の可能性が急浮上した。イギリス『デイリー・スター』が報じている。

ナスリは出場機会を求めて、今夏にマンチェスター・シティからセビージャにレンタル移籍。ここまでリーグ戦4試合、チャンピオンズリーグ1試合に出場しており、同時期に加入したMF清武弘嗣やMFガンソらとの熾烈な定位置争いでリードしている。

しかし、報道によれば、ナスリはMLSに魅力を感じているようで、中国スーパーリーグのクラブからの巨額オファーにも興味を示していない様子。移籍金1000万ポンド(約13億1000万円)でシティと提携を結ぶニューヨーク・シティに加わる可能性があるという。

現役時代にアーセナルなどで活躍したパトリック・ヴィエラ監督率いるニューヨーク・シティには、MFアンドレア・ピルロや、MFフランク・ランパード、FWダビド・ビジャが在籍中。清武の“ライバル”ナスリはMLSに挑戦することになるのだろうか。