日本代表は4日、今月6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に向けたトレーニングを埼玉スタジアム2002のサブグラウンドで行った。

練習後、ミックスゾーンで記者陣の質問に応じたMF柏木陽介(浦和レッズ)は、「点に繋がるプレーをしたい」と、セントラルMFのポジションから自身の持ち味でもゴールに直結するプレーをすることを狙っていることを明かした。

◆MF柏木陽介(浦和レッズ)
――イラクのイメージに対して、どのような崩しが必要か
「守備はしっかりとできるチームだと思う。どちらかというと守備的なチーム。相手がブロックを形成していても、サイドと中央と最終ライン裏の3つの使い分けをうまくできれば崩せるチャンスはたくさんあるかなと思う。その役目を担うのは自分だと思う。出れたら、その部分をしっかりと意識してプレーする」

「できるだけ前に近い位置でやりたい。この2試合はセカンドボールを取られてカウンターというシーンが多かったので。できるだけ高い位置でボールを受けて出してから、セカンドボールを拾にいく、潰せるような位置を保っていくイメージでプレーしたい」
――チームの連携面について
「みんなモチベーションは高いし、良い準備をしている。全員揃っての完全な練習はできていないけど、その中でも試合に勝っていかないといけないのが代表。内容よりも勝利が絶対。勝ちにこだわった試合をしていかないといけない。出場した人が死ぬ気で戦うことが大事。自分が出たらベストを尽くすとみんなが思っている。それが1番大事なこと」

――国内組としてのプレーが注目されて、期待もされている
「世界からすればJリーグという部分はあるかもしれないが、自分は今までやってきたものを出していくだけ。みんな凄く良い選手だけど、ボランチでパスを出せるということは自分のメリットがあることだから、その部分を出していけたら。点に繋がるプレーを期待されているし、それをしなければならない」