4日に行われたU-17女子ワールドカップのグループD第2節のU-17パラグアイ代表vsU-17日本女子代表が行われ、日本が2試合連続となる0-5で快勝した。

1日に行われたU-17ガーナ代表戦で0-5と勝利した日本は、この日も早々に先制する。4分、冨田実侑の折り返しを高橋はなが決めて、日本が先手を奪う。

勢いに乗る日本は29分、宝田沙織のクロスを野島咲良が合わせて2点目を奪う。さらに39分にはPKを獲得すると、野島が決めて3点差に。44分にも野島が宝田のパスに合わせてハットトリックを達成。前半で4点を奪い試合の大勢を決める。

後半に入り、メンバーを入れ替えた日本は、後半途中にGKも変更。2試合で全選手を起用した。パラグアイの反撃を許さなかった日本は、89分に宝田がダメ押しゴール。結局、0-5で勝利しグループ首位をキープした。

U-17パラグアイ女子代表 0-5 U-17日本女子代表
【日本】
高橋はな(前4)
野島咲良(前29)
野島咲良(前39)
野島咲良(前44)
宝田沙織(後44)

【日本メンバー】
GK:小暮千晶(→66分 水口茉優)
DF:高平美憂(→78分 宮澤ひなた)、牛島理子、金勝里央、冨田実侑
MF:宝田沙織、北村菜々美、長野風花、野島咲良
FW:植木理子(→46分 千葉玲海菜)、高橋はな