日本代表は5日、6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。

練習後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じたDF吉田麻也(サウサンプトン)は、今回の2戦で結果が悪ければ監督の進退問題に発展する可能性に問われると、ストレートに返答した。

◆DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
――ホームでの初勝利が懸かる試合となるが
「まあ、追い込まれているというか、1敗している分、プレッシャーはいつも以上にあると思う。どの試合も、当たり前だけど、ホームで勝つつもりでいる。ゲームへのアプローチも変わらないし、状態も変わらない」

――相手が引いてくる戦いを想定できるが
「なるべくUAE戦みたいにならないように、なるべく早くボールを動かして、相手を横に揺さぶり、体力を消耗させたい。ボールを早く動かすことによって、横のズレのところに速い縦パスを入れていきたい」

「相手は2敗していて負けられない状況なので、国の情勢なんかもあっていろんなものを背負って戦ってくる。技術的なものも大切だけど、メンタル的な部分も準備してやらないといけない。内容よりも勝点3を取ることが大事になってくる」

――監督からのアプローチに変化はあるか
「1年以上を過ごしてきて、日本人に対してどうアプローチするのか、理解してくれている。僕らに一方的に要求してくるんじゃなくて、僕らの要求もしっかり耳を傾けてくれているので、良くはなってきていると思う」

「ザックさん(アルベルト・ザッケローニ前々監督)もアギーレさん(ハビエル・アギーレ前監督)もそうだったけど、アジアでの戦いの難しさを予選を通じて学んでくれる。アジャストしてくれている」

――選手側もだいぶ楽になったか
「選手を信頼してくれているからそういうことをしてくれていると思うので、やっぱりそれに応えるには勝つしかない。勝って応えたい」

――この2戦で結果が悪ければ監督の進退問題にも発展する可能性があるが
「負ければそういう声は出てくる。監督はかなりリスクを負って、UAE戦で新しい選手を使い、タイ戦でもFWを代えたりしてチャレンジしてくれている。なかなかそういうことをできる監督はいない」

「監督が変えようとしている姿勢に対し、僕らが応えないといけない。そのために勝つしかない。いろんなことを言われているのは知っているし、勝てばいろんなものをシャットダウンできる。勝つしかない」

――自身にそういうときが訪れたときはどのように対処しているのか
「僕はみんなより試合に出ていない期間が長くて、今急に始まったわけではない。去年からそうだけど、そのなかで呼ばれているということは結果を残さなければ次はなくなる。文句を言われない結果を出すことだけに集中している」