賭博に関与した疑惑が浮上しているレンジャーズの元イングランド代表MFジョーイ・バートン(34)が、事情聴取を行われるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

バートンは今年9月、同月14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージのバルセロナvsセルティック(7-0でバルセロナが勝利)で賭博に関与した可能性が浮上。『スカイ・スポーツ』によれば、バートンはこの試合だけでなく、7月1日から9月15日までの間にも賭博行為を行った疑惑がもたれているようだ。

今回の件に関して、スコットランドサッカー協会(SFA)の理事会はバートンを5日付けで起訴した模様。そのため同選手は10月27日に事情聴取が行われることが決定したようだ。