ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第3戦、日本代表vsイラク代表が6日に玉スタジアム2002で行われ、日本が2-1で勝利した。

初戦のUAE戦を落としたこともあって今回のイラク戦で勝利が必須となる日本は、注目のトップ下にMF香川真司ではなくMF清武弘嗣を起用。また、セントラルの一角にはMF柏木陽介を起用した。

試合は、開始早々に日本がピンチを迎える。3分、右CKからアブドゥルアミールに酒井高が競り負けて、ヘディングシュートを放たれる。しかし、これは右ポストの外側に直撃したことで、日本が難を逃れた。

何とか枠に助けられた日本は、ここからポゼッション率を高めて巻き返す。11分には、高い位置でのボール奪取から岡崎がボールを落とすと、最後はバイタルエリアで仕掛けた清武が左足でシュート。これがゴール左を捉えるが、イラクGKのファインセーブに遭う。

しかし、攻勢に出る日本は25分に均衡を破る。カウンターから清武が左サイドの本田に預けて後ろを回る。最後はリターンパスを受けた清武の折り返しを、長い距離を走ってゴール前に入った原口が右足ヒールキックで合わせて相手GKの股を抜いた。

前半終了間際、日本は左サイドを崩されてクロスからアブドゥルザフラのボレーシュートを浴びるも、ここはGK西川の好セーブで失点を免れた。

迎えた後半、日本は積極性を見せてきたイラクを前に押し込まれる。すると、60分に同点弾を浴びる。遠めの位置からゴール前にFKを入れられると、前半と同様に酒井高が競り負けてアブドゥルアミールにヘディングシュートをねじ込まれた。

勝ち点3が必要な日本。ハリルホジッチ監督は67分、柏木に代えて山口を投入する。これで流れを好転させることができずにいると、75分には岡崎を下げて浅野を送り出す。

終盤、日本はリスクを冒して攻撃を仕掛ける。80分には、左サイドで仕掛けた原口のクロスにファーサイドの本田が頭で合わせる。しかし、このヘディングシュートは左ポストに弾かれる。ハリルホジッチ監督は81分、本田に代えて小林を入れる。

その後、日本は吉田を前線に上げてパワープレーに出る。90分にはその吉田がハイボールを落とすと、浅野がシュートチャンスを迎えるも、ミートさせることができない。

それでも、6分のアディショナルタイムを得た日本は94分、ついに勝ち越し弾を挙げる。左サイドから清武がゴール前に入れたFKはクリアされるも、ボックス正面の山口がダイレクトボレー。抑えのきいたシュートが見事にネットを揺らし、日本がこの日が誕生日だった山口の劇的弾で何とか勝ち点3を手にした。