日本代表は7日、さいたま市内で11日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦向けトレーニングを行った。

練習後、MF大島僚太が取材に応じ、イラク戦を振り返ってコメント。2度目の招集となる日本代表チームについても考えを語った。

MF大島僚太(川崎フロンターレ)
──ベンチから見ていた昨日の試合を振り返って
「落とせない試合でしたし、勝ち点3を取れたことは良かったです。勝ってオーストラリアに行くのと、引き分けて行くのは違うと思うので良かったです」

──自分がピッチに立った時のイメージは
「ボランチの頭、前線の頭を越えていくような展開が続いていて、セカンドボールを全部イラクに拾われている印象がありました。もっとコンパクトに、サイドの選手に中に絞ってもらったり、2列目の選手に落ちてきてもらったりということはあります」

「プレスを前からかけている分、プレスバックすることは難しいですが、そういった所でよりコンパクトにしないとセカンドボールは拾えないなと思いました」

──オーストラリアは繋いでくるスタイルだが印象は
「対戦した時にどういったサッカーをしてくるかは分からないですが、試合に出たら見ながら対応していければと思います」

──前回招集された時は連携面の課題を挙げていたが、今回は手応えがあるか
「試合をやったわけではないのでなんとも言えませんが、チームが背後への意識、裏に抜けることを優先的にやっているとは思います。ただ、全員が全員ではなく、誰かが引いてきて、そこに食いついたディフェンスの背後とか、そういった所を作ったりしないといけないかなと思います。みんなが一気に裏を狙うのは難しいかなと思います」