日本代表は7日、さいたま市内で11日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦向けトレーニングを行った。

練習後、FW浅野拓磨が取材に応じ、イラク戦を振り返ってコメント。次戦のオーストラリア戦に向けても意気込みを語った。

FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
──練習前の円陣ではハリルホジッチ監督からはどんな言葉をかけられたか
「昨日の試合に勝てたことはとても大きいと言っていましたし、もっと改善する部分はあると言われました。次の試合を見据えた雰囲気です。昨日の勝ち点3は良かったですが、満足せずに次に向けて歩み出している感じでした」

──イラク戦は途中出場だったが、監督からはどの様な指示がありましたか
「前での駆け引き、ボールを受けたら落として、常に裏を狙えと言われました」

──オーストラリア戦に向けた自身のプレーは
「ゴール前のところで決めるか決めないかだけだと思います。それが一番難しいことですが、それをするために自分には何が必要なのかを考えています。ピッチに立てばゴールという結果を出すという強い気持ちで臨みたいです」

──改めてオーストラリア戦に向けた意気込みを
「これまでも難しい試合がたくさんありましたが、次の試合も非常に難しい試合になると思います。気持ちの強い方が勝利を掴むと思うので、気持ちだけは日本は負けないと思いますし、ゴール前での課題を克服しながら、相手に怯むことなく強気で臨んでいけば、しっかり勝ち点3が取れると思います」