日本代表は7日、さいたま市内で11日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦向けトレーニングを行った。

練習後、DF槙野智章が取材に応じ、イラク戦を振り返ってコメント。次戦のオーストラリア戦に向けても意気込みを語った。

DF槙野智章(浦和レッズ)
──ベンチから見ることになりましたがイラク戦を振り返って
「昨日の試合を迎えるにあたって、個々のコンディション面など不安要素はたくさんありましたが、チームとして良い時間を作って試合に臨むことができました」

「内容としては非常に難しいものになりましたが、最後の最後で日本代表としての誇りと責任、結果に対しての勝ちたいという欲が見えた良い試合だったと思います」

──勝利をチーム全体で喜んでいましたが雰囲気は
「勝つか引き分けるかというところでは、オーストラリア戦に向けてのチームの雰囲気だったり結果に対して、色々な見られ方があると思います。しっかりホームで勝ち点3を取れたということはプラス材料にして、良い準備をしてオーストラリア戦を迎えられたらと思います」

──オーストラリア戦に向け、サイドバックの選手に不安要素があるが
「総力戦だと思っています。昨日の試合から出た自分たちの問題点をしっかりと修正することも大事ですけど、アウェイの地でポイントを持って帰ること、日本の皆さんの期待に応えて良い結果を出したいと思います」