日本サッカー協会(JFA)は7日、DF長友佑都(インテル/イタリア)が日本代表から途中離脱することを発表した。なお、追加招集はしない。

長友は、6日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦でベンチ入りするも出場機会はなく、7日のトレーニングに参加。しかし、トレーニング中にDF槙野智章(浦和レッズ)と接触し頭を強打。途中で切り上げていた。

日本は、イラク戦でDF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)が警告を受け、累積警告によりオーストラリア代表戦を欠場。サイドバックの2選手が離脱することとなり、左サイドバックにはDF太田宏介(フィテッセ/オランダ)、DF槙野智章のどちらかが入ることになるとみられる。